Glass Engraving

 

The photo at the upper right is my glass engraving machine called Spatzier, which was made in Germany. I use sintered diamond wheel (industrial synthetic diamond grit) and copper wheel in various shapes and dimensions. Usually, I use diamond wheels to carve glass into shapes and/or engrave designs on glass, and then use a copper wheel to add textures and for polishing.

 

The one at the bottom right shows copper wheel being shaped with a knife blade. The wheel needs to be re-shaped quite often as it deforms when carving the glass. Although engraving requires patience, and shaping the wheel is time-consuming, the copper wheel provides unlimited variety of soft and beautiful surface finishes. For instance, polishing with coarse grit makes the glass look exactly like sea glass.

 

 

 

ホイールエングレーヴィング

 

上の昔のミシンみたいな感じの道具がホイールエングレービングマシンです。ドイツからやって来たスパツィアというマシンです。本体は重くて頑丈な鉄の鋳物で、モーターのプーリーにかけたベルトでホイールを回す仕掛けのシンプルな作りなので、大事に使えば1000年くらい持ちそうです。アームに様々な種類(ダイヤモンド、石、銅など)、大きさ、形のホイール(円盤)をセットしてガラスを削ります。

 

下の写真は銅のホイールをカッターの刃で削っているところです。コパーホイールエングレーヴィングはホイールに砂をつけてガラスを削りますが、その時一緒にホイールも削れて形が変わってしまうので、度々こうやって形を整えます。なかなか面倒ですが、砂の粒子の大きさやホイールの形やいろいろなテクニックで無限の種類のテクスチャーが作れます。ざっくりと削るとまるでシーグラスみたいな表面も作れます。

2018 © Reiko F. Nojima  All Rights Reserved.